ランフランコ・デットーリ 騎手

ランフランコ・デットーリ

画像はWikipediaより

デットーリ騎手は、日本の関係者で単騎免許以外でジャパンカップの日の土日だけ騎乗する時は、騎乗依頼が殺到します。デットーリ騎手の人気はファンのみならず調教師の心も動かします。

外国人騎手の中でもデットーリ騎手は別格です。ゴール前での叩き合いをことごとく制することからデットーリマジックと言われています。また剛腕とも言われています。デットーリ騎手は本国では皇族の所有馬を専属契約するなど信頼は非常に厚いです。

また日本の騎手では武豊騎手と非常に仲が良い事で知られています。性格は温厚で明るく、誰からも愛される騎手です。デットーリ騎手は派手な勝ち方はそんなにしません。特にハナ差・首差・頭差が多くその中でもハナ差勝ちが多いです。

普通の騎手なら最後手ごたえが怪しくなり、2着になる所をこのデットーリマジックで勝ち負けまで持っていきます。叩き合いに滅法強く余りに強いことからいつのまにか剛腕と本国でも言われるようになりました。

最近は短期免許での来日も少なくジャパンカップの週に来日しなくなってしまいました。競馬ファンに取ってはもっとたくさん来日して欲しい所ですが、こればかりは本人の意思や契約の問題もあるので仕方がありません。

特に皇族との縁が深い為、本国を拠点にしています。しかしドバイワールドカップデーには積極的に参加します。ドバイは賞金が一番高い国でも有名です。基本的に国際レースがあるのは、ドバイワールドカップデーの日のみです。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!外国人騎手名鑑の関連記事
  • category
    外国人騎手名鑑

    2012年シンザン記念表彰式画像はWikipediaより フランス人騎手クリストフ・ルメールで有名な話は、日本国内で唯一、ディープインパクトを破ったハーツクライとのことです。2005年の有馬記念で起きた世紀の一戦。

  • category
    外国人騎手名鑑

    2011年高松宮記念表彰式画像はWikipediaより リスポリ騎手は2年前の冬に初来日しました。大概は外国人は腕を見る為1日5鞍程度ですが、リスポリ騎手の場合いきなり最初から10鞍程度騎乗依頼が舞い込んできていました。

  • category
    外国人騎手名鑑

    2010年天皇賞(春)表彰式画像はWikipediaより 香港表記:韋紀力。ウィリアムス騎手は来日当初は、騎乗数も少なく目立たない存在でした。しかし、少ない騎乗数で結果を出し。いつのまにか調教師からの信頼も厚いものになりました。

  • category
    外国人騎手名鑑

    画像はWikipediaより メンディザバル騎手は、初来日する際に大物が日本に来ると前評判が非常に高く活躍が期待されました。騎乗依頼も殺到し、その殆どが人気馬でした。結果は1年目は前評判程、それ程凄いとは思いませんでした。