競走馬名鑑 カテゴリーの投稿

  • 2005年12月25日中山競馬場画像はWikipediaより ハーツクライは典型的な追い込み馬でしたが、あるレースを境に先行脚質に変わります。

  • 2006年10月29日 東京競馬場画像はWikipediaより アドマイヤムーンは色々な面で競馬界を賑わせてくれました。クラシック有力候補だったアドマイヤムーン。主戦騎手は武豊騎手、そして馬主は超頑固者近藤利一氏。

  • 2000年9月、アロースタッド画像はWikipediaより タイキシャトルはデビューしてから僅か、8か月で古馬混G1のタイトルを手にしました。デビューは4月中旬。

  • テイエムオペラオー(1999年10月10日、京都競馬場)画像はWikipediaより テイエムオペラオーはG1を7勝もしました。最多タイ記録です。

  • 2000年11月12日 東京競馬場画像はWikipediaより ブロードアピールは芝ダート不問の馬です。この馬がG1を勝てなかったのが今でも不思議でなりません。ブロードアピールと検索すればレースが出てきます。

  • クロフネ(2001年5月6日、東京競馬場)画像はWikipediaより クロフネは種牡馬としても成功を納めていますが現役時代は芝とダートのG1を勝っています。

  • category
    競走馬名鑑

    1997年のクラシックは、サニーブライアンが人馬を跳ねのけ躍進します。大本命メジロブライトを春は悉く粉砕します。サニーブライアンは前哨戦まで中々勝てず、実に惜しいレースが続いていました。人気もそれなりにありました。